反町隆史【ポイズン】歌詞の意味を考察!元ジャニーズ自分をだますことなく生きるとは?

反町隆史さんが歌う「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」。

歌詞の意味について改めて考えてみました。

反町隆史さんは実はデビュー当時はジャニーズ事務所所属だったんですよね。

そのあたりから探ってみましょう。

目次

反町隆史【POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~】の歌詞意味を解釈

反町隆史さんが歌う「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」。

これは1998年に漫画原作のテレビドラマ「GTO」の主題歌としてヒットしました。

ドラマGTOは反町隆史さん自身が主演をし、現在の妻である松嶋菜々子さんとの出会いのきっかけでもありましたね。

最近改めて反町隆史さんの「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」注目されていることにはジャニーズとの関連があります。

反町隆史さんのデビュー当初はジャニーズ事務所所属のジャニーズJrでした。

デビュー当初はジャニーズ事務所に所属しており、ジャニーズJr.のユニット・平家派のメンバーとして、光GENJIのバックダンサーを務めていた。中学3年生であった当時は本名の野口隆史で芸能活動をしていた。

16歳の時にはモデル事務所に所属し、ファッションモデルとして活動、パリ・コレクションにも出演。以降、プライベートで、ボクシングジムに通い体作りに取り組んだり、詞を書きとめ続ける創作活動に取り組む。

Wikipedea より引用

中学3年生の時にジャニーズ事務所に所属し、1994年、俳優に転身すべく「研音」に移籍しています。

反町隆史さんは1973年12月19日生まれの2023年現在49歳です。

1988年にジャニーズ事務所に所属し、1994年に研音に移籍ということは6年ほどジャニーズ事務所に在籍したんですね。

そして移籍から4年後に初めて作詞した曲というのがポイズンでした。

俳優になるために移籍したともありますが、ポイズンの歌詞を思うと理由がそれのみだったのかと考えてしまいます。

以前の環境に思うところがあったのかとつい勘ぐってしまいますね。

時を経て2019年に受けたインタビューでもこのようなコメントがありました。

反町は「POISON」について、「自分で言うのもなんですけど、『GTO』っていう伝説の番組の主題歌で。作詞を担当させて頂いたんですけれど、自分なりに、我ながらいい詞だな、と。昔の学生時代の事だったり、その頃思っていた大人に対する気持ちとか世間に対する気持ちを書いた」と当時を振り返る。

ラジオ番組「KEN RADIO」(ニッポン放送)に出演時のコメント

当時の大人に対する気持ちとか世間に対する気持ち、思うところがたくさんあったわけですね。

自分をだますことなく生きるとは。

反町隆史が何を経験したのか、何を見聞きしたのか。

考えさせられますね。

時を経た今だからこそ響くものがあります!

反町隆史【POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~】の動画をフルで見たい

反町隆史さんの「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」を当時の歌声で聞くことができます!

一説には泣いている赤ちゃんに聞かせると泣き止むためにとても効果的な歌だとも言います。

まとめ:反町隆史【POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~】自分をだますことなく生きるとは?

反町隆史さんの「POISON~言いたいことも言えないこんな世の中は~」の歌詞について考察しました。

ジャニーズ事務所に所属した6年間を経てのこの曲。

その裏についてつい考えますね。

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次