モンテネグロの首相ミロイコ・スパイッチの経歴について調査!埼玉大学の卒業生が首相に!?

モンテネグロの首相ミロイコ・スパイッチ氏が話題です。

モンテネグロの首相となったミロイコ・スパイッチ氏の経歴について調査しました。

目次

モンテネグロの首相ミロイコ・スパイッチの経歴について調査!

2023年10月にモンテネグロで首相に就任したミロイコ・スパウッチ氏が話題です。

ミロイコ・スパイッチ氏の情報はこちらです。

ミロイコ・スパイッチ
Milojko Spajić
1987年9月24日生まれ
(2023年現在36歳)
モンテネグロ首相
(2023年10月就任)

若き首相の誕生ですね。

モンテネグロ首相のミロイコ・スパイッチ氏は、なんと日本の埼玉大学の卒業生だというのです。

詳しく見てみましょう。

モンテネグロの首相ミロイコ・スパイッチは埼玉大学の卒業生で首相!?

ミロイコ・スパイッチ氏がモンテネグロ首相になるまでを見てみましょう。

ミロイコ・スパイッチの学歴

ミロイコ・スパイッチ氏が過去の学歴はこちらです。

大阪大学(経済学)
埼玉大学(経済学)

清華大学(留学)
HEC Paris(ビジネススクール)

ミロイコ・スパイッチ氏はいずれもモンテネグロ国外で学んでいるのですね。

国費留学という形で海外にでていました。

経済学の中でも計量経済学を学んでいました。

在学中の10年には「日本がアジアで果たすべき役割」についての論文が、学生小論文コンテストで優秀賞を受賞したという。

Yahoo!ニュースより

ミロイコ・スパイッチ氏にとっては外国語である日本語で小論文コンテスト優秀賞とはすごいですね!

ミロイコ・スパイッチの職歴

ミロイコ・スパイッチ氏は日本で埼玉大学を卒業しました。

卒業後は、米国のウォール街パリ東京で働きました。

政界に入る前、ミロイコ・スパイッチ氏ははゴールドマン・サックスで信用アナリストとしても働いていました。

ミロイコ・スパイッチの言語

ミロイコ・スパイッチ氏は多数の言語を話します。

ミロイコ・スパイッチ氏が話す言語はこちらです。

セルビア語
(母国語)
英語
日本語
中国語
ロシア語
フランス語

すごいですね!

今後の外交にも活きてきそうです。

知識があるだけではなく実際の海外経験があるというのは大きいですよね。

ミロイコ・スパイッチの政治家としての経歴

ミロイコ・スパイッチ氏は無党派の政治家として政治キャリアをスタートさせました。

2020年の議会

ミロイコ・スパイッチ氏は、宗教の自由に関する法律の採択を主な理由として政界入りしています。

モンテネグロ人の大部分が信頼している宗教としてセルビア正教会(SOC)があります。

このような機関が存在する国家を投資家は信じないとミロイコ・スパイッチ氏。

国民は政府に財産を没収されていることを危惧しています。

宗教とミロイコ・スパイッチ氏の学んできた経済の関連性からの主張ですね。

2020年12月4日に財務・社会福祉大臣に就任しました。

この時ミロイコ・スパイッチ氏はスパジッチ氏は大臣の給料を全額寄付したという逸話があります。

2023年の議会

ミロイコ・スパイッチ氏は、2023年の大統領選挙でモンテネグロ大統領に立候補しようとました。

しかし、セルビアとモンテネグロの二重国籍であることが判明したのです。

そして、州選挙管理委員会(DIK)によって立候補が拒否されています。

ミロイコ・スパイッチ氏はこの件で次のように話しています。

2009年にセルビア国民になったが、セルビア市民権放棄の手続きはまだ進行中である

ビザなしで日本に旅行できるようにするためにセルビア国籍を受け入れた

日本に来るため、なんて言ってくれているとは日本人としてうれしくなりますね。

まとめ:モンテネグロの首相ミロイコ・スパイッチの経歴について調査!埼玉大学の卒業生が首相に!?

モンテネグロの首相ミロイコ・スパイッチ氏の経歴について調査しました。

なんと彼は日本の大阪大学・埼玉大学で学んだ経緯があります。

日本としても誇らしいですね。

ミロイコ・スパイッチ氏の今後の活躍に期待です。

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次