平野佳寿のメンタルが最強すぎる!平野の特徴に学ぶメンタル強化の秘策

オリックスの平野佳寿選手のメンタルが最強すぎると話題ですね。

平野佳寿選手の最強すぎるメンタルが手に入れたい!

と思いますよね。

そこで平野佳寿選手に学ぶメンタル強化の秘策を調査しました。

目次

平野佳寿のメンタルが最強すぎる!

「打たれた平野です」

というフレーズとともにこの笑顔

最強ですよね。

「打たれ強い」と言う言葉のままですね!

(ちょっと違う…?)

そんな平野選手も以前は畜生メンタルなんて言われたこともありました。

炎上しようと、何が起ころうとも、ふてぶてしい態度を貫くと言う意味でです。

しかし昨今の平野選手は以前とはちょっと違うように思います。

ふてぶてしさとは違う意味でのメンタルの強さがあります。

さて、平野選手がメンタル最強すぎる件について見ていきましょう。

まずは平野選手の特徴からです。

平野佳寿の特徴

平野佳寿選手の特徴を集めました。

打たれても笑顔

平野選手と言えばいつだって笑顔ですよね。

打たれても笑顔。

平野が打たれても笑顔だし、チームとして状況が悪くても笑顔。

今や悔しさを露わにする他の選手の比較に出されるポジションです。

打たれたら爆速でベンチに

平野選手は打たれたら爆速でベンチに帰っていきます。

気持ちの切り替えの速さがすごいんです!

中には打たれた後ベンチでしくしくと涙する選手もいます。

けれど、サラリーマンがミスをしたとてデスクでしくしく涙してるわけにもいかないですよね。

やってしまった!

さぁ、帰ってご飯食べて寝よう!

そんな精神って大事ですよね。

若手とも壁をつくらずコミュニケーション

平野選手は若手の良き相談相手というエピソードがいくつかあります。

若手の山崎福也さち坊と言って可愛がっているなんてエピソードも聞こえてきます。

現オリックスの森友哉選手が不調について相談した際も、次のように言葉をかけました。

投げている投手が主役。野手は見てるよ。やるべきことをやろう

いちいち結果を気にしていてもしゃあない。そういうことを考えていたら、やってられへんよ

森友哉選手といえば試合後のイラつきから物にあたり自身が怪我をしたというエピソードもあります。

それだけに平野選手の言葉は響いたことでしょう。

平野選手はやはり気持ちの切り替えが上手なのでしょう。

一つのことを気にしていても仕方がない!

やってられない!

と言う気持ち大事ですよね。

ファンの野次に反論

過去、平野選手がファンの野次に反論し話題になったことがありました。

2015年の話なので今や古い話ではあります。

当時から平野選手は温厚な性格と認識されていただけに驚きのニュースでした。

それから時を経てメンタルが強化されたのが今の平野選手とも言えます。

けれど、野次に反論もそれはそれで良いこととも思います。

表現の仕方にもよるけれど、ある程度感情を表出することも大切ですよね。

平野の特徴に学ぶメンタル強化の秘策

では、ここまでの平野選手の特徴からまとめます。

・いつも笑顔!打たれても笑顔!
・上手くいかない時は帰って食べて寝る!
・コミュニケーションを大切に
・時には感情表出も大切に

ここで学び今後に取り入れていきたいです。

まとめ:平野佳寿のメンタルが最強すぎる!平野の特徴に学ぶメンタル強化の秘策

平野佳寿選手のメンタルが最強すぎる件を調査しました。

平野選手はメンタル強化の秘策をもっていますね!

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次