ガザで病院爆発のその後!イスラエルなのかハマスなのかその他なのか、錯そうする情報を調査した

2023年10月17日ガザ地区北部にある病院で爆発があったとニュースになりました。

ガザの病院爆発について病院を攻撃対象としたことで人道的に問題視されています。

イスラエル・ハマスともに関与を否定していますが、様々な声が上がりざわついています。

ガザの病院爆破のその後に上がる声を調査しました。

目次

ガザで病院爆発のその後!

爆発前の衛星写真。10月15日撮影(2023年 ロイター/ Maxar Technologies/Handout via REUTERS)

2023年10月17日ガザ地区北部にある病院で爆発があったとニュースになりました。

パレスチナ自治区ガザにあるアル・アハリ・アラブ病院で爆発が起こったというのです。

イスラム組織ハマスが実効支配するガザ地区の病院で17日夜に爆発が起き、多数の死傷者が出たことをめぐってイスラエルとハマスは互いを非難し合っています。アメリカなど各国がガザ地区の人道危機への対応を働きかけていますが、双方の対立は深まっていて、人道状況の改善に向けた糸口は見えていません。

NHKニュースより

ニュースがで始めた時点ではまず「イスラエルとハマスが非難しあっている」という情報でした。(NHKニュース)

そこから爆発が起きたのが17日夜で、そこから時を経て明らかになった情報がこちらです。

イスラエル軍による爆撃が続くパレスチナ自治区ガザ地区で17日夜、ガザ市のアフリアラブ病院で爆発が起き、ガザの保健省は患者ら471人が死亡したと発表し、イスラエルによる空爆として非難しました。

朝日新聞ニュースより

爆撃による死亡者は471人と発表されています。

それも病院にいたのはそれまでのイスラエル・ハマスの攻撃で傷ついた状態にあった方・避難してきた方でした。

人道的に問題のある状況に世界が大きな衝撃を受けています。

また、攻撃元も定かではない状況に、様々な声が飛び交う状況があります。

状況を調査しました。

ガザで病院爆発の背景として考えらえれる状況

ガザで病院爆発の背景として関与を否定しあう中で飛び交う声をまとめました。

ガザで病院爆発の背景として考えらえれる状況①イスラエルが攻撃

イスラエルがガザを爆撃したという声が上がっています。

同時にイスラエル=空爆のイメージが強いとも言われています。

ガザで病院爆発の背景として考えらえれる状況②ハマスが攻撃

ガザの病院への攻撃はハマスの攻撃だったという声も上がっています。

ただしハマスの誤射であったという情報です。

池上さんの番組でハマスがイスラエルを憎むよう仕向ける動きだったのではという説明があったという情報があります。

ガザで病院爆発の背景として考えらえれる状況③イスラエル・パレスチナ以外が加わった可能性

イスラエルでもハマスでもない、また別の可能性も示唆されています。

むしろその可能性の方が今後の発展を思うと危険性が大きいのではという考えもあります。

ガザの病院爆破のその後の情報の動きについて指摘する声

ガザの病院爆破に関して情報の真偽について問う声も多く上がります。

また、情報の変遷についても注目しているという見方もみられました。

今回のものではない過去の写真が使われて報道されることもすでに起こっています。

混乱が起こるのもうなずけてしまいますね。

まとめ:ガザで病院爆発のその後!イスラエルなのかハマスなのかその他なのか、錯そうする情報を調査した

2023年10月17日夜、ガザで病院爆発が起こって以来さまざまな声が飛び交います。

今後も多くの情報を追うことになりますが、注意深く見ていく必要がありますね。

その中でも、多くの命が失われているということは事実として言えます。

ご冥福をお祈りいたします。

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次