福岡国際マラソンで起きた事故で骨折した選手は誰!?事故の真相がヤバい!

福岡国際マラソンで事故が起きて骨折した選手がいると話題です。

福岡国際マラソンで大会車両と競技者の接触事故が発生したといいます。

自己により骨折した選手は誰なのか、事故の真相について調査しました。

目次

福岡国際マラソンで起きた事故で骨折した選手は誰!?

福岡国際マラソンで事故が起きました。

福岡国際マラソンの大会車両と選手が接触して、選手は骨折したというのです。

けがをした選手が受けている診断はこちらです。

「右肘開放骨折」全治3か月

開放骨折は「骨折に創(傷)を伴う場合」と定義され、骨折した骨が皮膚から飛び出し、外に露出した状態をいいます。いわゆる「複雑骨折」です。

事故後、福岡国際マラソン側の意向により選手が誰であるかは公表していません

情報が得られれば追記します。

福岡国際マラソンで起きた事故の真相がヤバい!

福岡国際マラソンで事故が起きました。

大会車両が選手に接触とは起きてはならない事故です。

その詳細はこちらです。

本日(12月3日)開催されました大会において、折り返し(32km手前)地点で、競技者と大会車両が接触する事故が発生しました」と報告し、「競技者は、接触後倒れこみましたが、再び走りはじめ、完走されております。なお、大会終了後、医師の診察を受け、病院に搬送し、右肘開放骨折(全治3ヶ月)との診断を受けております

gooニュースより

事故にあわれた選手は一度はゴールをしているんですね。

大会中ゆえのアドレナリンによるものでしょうか。

信じられないのと同時に、非常に危険なことなので恐ろしいです。

その危険性を次で見てみましょう。

福岡国際マラソンで起きた事故の後遺症の可能性

開放骨折であるという診断より特に次の後遺症の危険が考えられます。

福岡国際マラソンで起きた事故による後遺症の可能性はあるのでしょうか。

創部からの感染
遷延癒合(骨の癒合に時間を要する)
上記の併発

開放骨折で最も多い後遺症の原因は、創部からの感染です。感染が長引くと骨の中に細菌が住み着いてしまい、骨髄炎という状態になります。その他、骨折部周囲の血流が悪くなっているため遷延癒合(骨が癒合する時間が通常より長くなること)を起こしたり、上記のコンパートメント症候群を併発することがあります。これらの合併症を起こしてしまうと、骨折の中でも死に至る可能性もあり、非常に危険な状態です。

MSDマニュアルより

場合によっては死に至ることもあると言います。

恐ろしいですね。

少なくともレース終了時点で発覚して治療につながったことは良かったです。

少なくとも・・・。

福岡国際マラソンで起きた事故に対する声

福岡国際マラソンで起きた事故に対する声がこちらです。

まとめ:福岡国際マラソンで起きた事故で骨折した選手は誰!?事故の真相がヤバい!

福岡国際マラソンで起きた事故について調査しました。

事故の真相を知るほどに恐ろしいですね。

事故後レースに戻ることをだれか止められなかったのかと考えてしまいます。

事故にあった方の回復を願います。

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次