紅麹とワクチン薬害の対応の差が闇深い!報道されない理由を徹底調査

紅麹が今話題ですね。

紅麹により健康被害が出た人が多数、そして死亡者も報道されています。

同時に上がるのが紅麹とワクチンの対応の差への疑問の声です。

被害も報道も大きく異なるけれどこれでよいのか、調査しました。

目次

紅麹とワクチンの差について徹底調査!

紅麴サプリにより健康被害が生じたと大きな話題ですね。

紅麹とワクチンの差についてもざわめいています。

実際の声がこちらです。

報道の差、そして亡くなられた方の人数の差、なぜそんなに?

とざわめいていますね。

そこで実際に紅麴とワクチンの差がどれだけであるかを調査したので見てみましょう。

紅麹とワクチンで被害も報道も大きな違いだけどこれでいいの⁉

紅麹とワクチンで様々な違いが指摘されています。

項目ごとに見てみましょう。

影響の差

紅麹とワクチンの差としてまず指摘されるのが影響の差です。

紅麹の出荷数100万パック
ワクチンの接種者は国民の9割で1億800万人

母数がそもそも違うというわけですね。

実際に指摘する声がこちらです。

ここで書かれているppmとは濃度を表す単位です。

1ppm=0.0001%

ワクチンの方が倍以上の割合で発症しているということですね。

そしてなおかつ接種者の母数が多いというわけです。

報道までの時間の差

紅麴とワクチンの差として報道までの時間の差も指摘されています。

紅麹が2か月
ワクチンが3年以上

この差を疑問視する声が上がっています。

実際の声がこちらです。

それもワクチン接種後に複数の看護師が急死していると言います。

看護師ばかりではないでしょう。

なぜ報道までの時間に差があるのかそこには次のような政府の対応の差につながります。

政府の対応の差

紅麴とワクチンの差のひとつとして指摘されるのが政府の対応の差です。

厚生労働省も紅麹サプリメントと健康被害が因果関係があるとして次のように発表しています。

小林製薬の紅麴原料を含む サプリメントが原因とみられる 健康被害 厚生労働省は26日夜 摂取した2人が死亡 106人が入院していると発表

朝日新聞

これに対しあがる疑問の声がこちらです。

なぜこうも差があるのか?

疑問の声が相次ぎますね。

まとめ:紅麹とワクチンの差について徹底調査!被害も報道も大きな違いだけどこれでいいの⁉

紅麹とワクチンの差についての指摘・疑問の声が相次いでいます。

今後も同行から目が離せませんね。

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次