BE:FIRSTが人気の理由3選!急激な注目度アップとジャニーズの関係性を調査した

BE:FIRST(ビーファースト)の人気がすごい!

世間が大注目のジャニーズの会見でも名前が登場するくらいの注目度です。

BE:FIRSTの時代の幕開けかもしれません。

さて、そんなBE:FIRSTの人気の理由を探ってみました。

目次

BE:FIRSTは人気がないという声も

実は世間の声として、X(Twitter)でも、イケメンかイケメンでないか分かれるところでもあるんですよね。

イケメン?と疑問視する声がこちら。

うーん酷評…。

BE:FIRSTの人気の理由3選!

一方で、BE:FIRSTの盛り上がりがすごいのも本当なんですよね。

X(Twitter)での声が激熱だったり、リアタイ視聴者の数が爆上がり!

それに華々しい功績もすでにあります。

・2021年デビュー→2022年紅白出場
・2022年レコード大賞受賞

では彼らの人気の理由を探っていきます!

ルックス

かわいい系イケメン集団といったところでしょうか。

そして集団なだけにそれぞれの味が発揮されますね。

ちなみにイケメンだよね!って声がこちらです。

こうしてしっかりがっつり沼にはまっていく方もいます。

結局のところルックスに関しては主観的な好みがありますよね。

それはホントながらファンを獲得し育っていってるのにはまだまだ理由があります!

歌とパフォーマンス

BE:FIRST / Mainstream -Music Video-

これを見てしまうと納得しちゃいますよね。

BE:FIRSTの肩書きは【歌って踊れるイケメン集団】です。

つまり、見た目で終わらずパフォーマンスで心をつかむわけですね!

それもそのはずBE:FIRSTのはじまりとなったオーディションを主催したSKY₋HIこと日高光啓(ひだかみつひろ)はダンサーとしての肩書きをもつ方です。

プロダンサーが選び抜いたパフォーマンス集団なわけです。

成長を見守れる

BE:FIRSTはSKY₋HIこと日高光啓(ひだかみつひろ)主催のオーディション「THE FIRST」出身です。

これはボーイズグループを発掘するオーディションです。

発掘系オーディションって人気が出ますよね!

モーニング娘。もかつて発掘系オーディションから始まりましたね。

最近だとNiziUもそうですよね。

新人アイドルや新人パフォーマーのデビューの瞬間、そして成長を見守れる醍醐味は魅力です!

さて、THE FIRSTのはじまりは↑の写真だった彼ら。

現在ではこのように成長しています!

この進化を見守れるのはたまらないですね!

BE:FIRSTの急激な注目度アップ

BE:FIRSTの急激な注目度UPは正直ジャニーズの影響も大きいですね。

ジャニーズの会見の時点で名前が出てきたってまずすごいですよね!

そこにはBE:FIRSTを発掘したSKY₋HIこと日高光啓さんの思いがあるのではと推測します。

日高光啓さんの始まりはジャニーズJrだったといいます。

その後事務所を変えるなどしながら、ご自身の事務所設立に至っています。

そしてBE:FIRSTに込めた思いがこちら。

BE:FIRSTのテーマ
上り詰める、だけど蹴落とさない。媚びない、だけど誰も否定しない。自分である、だから人を愛する

グループ名は「常にトップを狙う」という意味である。「ナンバーワンであるということは、ほかを蹴落とすということではなく、ほかの人が別のナンバーワンでもあることを尊重して、自分のナンバーワンに誇りを持つこと」というSKY-HIの想いも込められている

Wikipedea より

プロデューサーであるSKY₋HI・日高光啓さんがかつてジャニーズJrであったことからするとついリンクさせてしまいます。

まとめ:BE:FIRSTが人気の理由3選!急激な注目度アップとジャニーズの関係性を調査した

BE:FIRSTが人気の理由を調査しました。

急激な注目度アップとその裏にあるSKY₋HIのジャニーズへの思いをつい推測してしまいますね。

ジャニーズの件でパワーバランスが変わっていくことでの今後が気になるところですね!

今後もBEFIRSTには大注目です。

[/info]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次